不妊症の最初の治療方法

医薬品

クロミッドとは、排卵を誘発してくれるクスリとなっています。
排卵障害がある不妊治療に用いられます。
排卵ができなくなる原因は、性腺刺激ホルモンの不足によるもので、このクスリを使用すると性腺刺激ホルモンの分泌量を増やしてくれ、卵胞が大きく育ち、排卵ができるようになります。
排卵日を決め、人工的に排卵をさせることによって、妊娠の確立を高めることができます。
クスリを使っての排卵誘発方法は、医療費や治療の時間などの負担も少なくできるので、不妊症の原因がわからない段階での治療には適していて、はじめに用いられるクスリとなっています。
クスリの服用を始めても必ずしも排卵が起こるとは限りません。
誘発するものであり、排卵障害が強い場合は排卵が誘発されない場合もあります。
副作用は、他の排卵誘発剤に比べて少ない方と言われていますが、肝臓に疾患がある方が服用すると、肝機能に障害が起こる場合があるので、服用前に医師に相談してください。
他には頭痛や吐き気、倦怠感などがあげられます。
初期症状として念のために注意してください。
クロミッドで排卵が誘発されて方は、妊娠できる可能性が高まり、自然妊娠できる可能性があります。
不妊治療には、体外受精や人工授精などが、有名ですが、医療費も非常に高額で高い医療費を負担しなければなりません。
こういった排卵誘発剤で、不妊治療も行えるので、方法の1つとして考えてみてください。
服用を続けていく場合、薬価も気になるところではあります。
少しでも薬価を下げたい方は、このクスリのジェネリックをおすすめします。
フェルトミッドというクスリで、効果や副作用は、ほとんど変わることなく、同じように排卵誘発の効果を期待できます。
ジェネリックのため、薬価も下がり、経済的負担を減らしながら治療をしていくことができます。
またこのクスリは男性不妊の場合にも応用して使用されることがあり、性腺刺激ホルモンが睾丸に作用し、男性ホルモンの分泌を良くし、精子量を増やしてくれます。
不妊症は男性、女性どちらにも原因があることがあります。
医師と相談しながら服用を始めてみてください。

【通販ならこちら】クロミッドを海外通販する(処方箋不要)

不妊症の半分は男性が原因

男性はあまり知りたくはないかも知れませんが、現代問題となっているこの不妊症問題は実は男性がそのほとんどの原因の要因となっているのです。では、その確かめ方と、その解消法をご説明致します。

詳細を確認する

排卵誘発剤

不妊症であっても、子供ができないわけではありません。治療はもちろん可能です。しかし、治療保険適用外の治療もあるのですが、助成金など、為になることをここで説明します。

詳細を確認する

排卵障害による不妊症の治療薬

近年、夫婦間での性行為自体が少なくなる“セックスレス”。この問題と合わせて子供ができない問題として“不妊症”が問題になっています。この不妊症について詳しく説明いたします。

詳細を確認する